通信費とは【勘定科目・按分で経費計上する仕訳例・消費税区分】

  • 通信費とは、主に電話やインターネット関連費用や郵便関連費用を経費処理するための勘定科目のこと。
  • 具体的には、電話代、インターネット通信費、レンタルサーバー料金、FAX代、切手、ハガキ、宅急便、バイク便などが通信費に該当する。
  • 通信費は課税取引に該当するため、仕入税額控除の対象となる。ただし、国際電話、国際郵便は対象外。

通信費とは・具体例一覧

通信費とは、電話や郵便、テレビ、インターネット関連の経費を処理するための勘定科目です。具体的には以下のような項目を通信費として計上します。

カテゴリ通信費に含める経費
電話固定電話料金
携帯電話料金
IP電話料金
国際電話料金
ファックス料金
テレホンカード購入(業務の通話用)
郵便切手
手紙
はがき
年賀状
宅急便
バイク便
ゆうパック
ゆうメール
レターパック
クリックポスト
スマートレター
国際郵便
レタックス
速達
現金書留
簡易書留
一般書留
配達証明
内容証明
私書箱使用料
テレビNHK受信料
ケーブルテレビ受信料
インターネットプロバイダー料金
レンタルサーバー利用料
ドメイン取得・更新料
インターネット工事費
クラウドサービス利用料
WiFiルーター利用料

通信費の消費税区分

通信費の消費税区分は課税仕入れに該当し、仕入税額控除の対象となる。一方、国際電話、国際郵便は海外への輸出取引と同じく免税取引になります。

関連記事:課税売上高とは

通信費の仕訳例

携帯料金を事業用の銀行口座から引き落としで3,000円支払った。
借方勘定科目金額貸方勘定科目金額
通信費3,000普通預金3,000

通信費を按分して仕訳する場合

携帯料金やインターネット関連費用は100%事業ではなく、プライベートと両方で使っている場合があると思いますが、この場合は家事按分が必要です。

60%を事業用、40%をプライベートで利用している携帯料金を事業用の銀行口座から引き落としで3,000円支払った。
借方勘定科目金額貸方勘定科目金額
通信費1,800普通預金3,000
事業主貸1200

関連記事:事業主貸・事業主借とは

切手をまとめ買いした場合の仕訳例

切手を購入したタイミングで通信費で仕訳しますが、決算時に貯蔵品として振り替える必要があります。

7月3日に1万円分切手を購入した。
取引日借方勘定科目金額貸方勘定科目金額
7月3日通信費10,000現金10,000

年度末に残った切手7,000円分を貯蔵品に振替

取引日借方勘定科目金額貸方勘定科目金額
12月31日貯蔵品7,000通信費7,000

翌期の期初に貯蔵品にした切手7,000円分を再度通信費として経費計上

取引日借方勘定科目金額貸方勘定科目金額
1月1日通信費7,000貯蔵品7,000

通信費と間違えやすい経費処理

ここでは通信費と間違えやすい支払い(他の勘定科目で処理する支払い)をまとめました。

通信費はあくまでも通信にかかった費用を計上する勘定科目のため、用紙などは消耗品費、広告目的であれば広告宣伝費、取引先との付き合いの費用は接待交際費、郵送でも商品や製品など売上に関連するものを郵送する場合は荷造運賃になります。

ファックス用紙消耗品費
コピー用紙
封筒
便箋
ダイレクトメール広告宣伝費
テレホンカード(広告目的)
テレホンカード(贈答品)接待交際費
電報
収入印紙租税公課
商品や製品の郵送費用荷造運賃
電話加入権無形固定資産

余談ですが、携帯料金の内訳に電子マネーが含まれる場合、その部分は通信費にはならず、電子マネーで支払った内容に応じて適切な勘定科目で仕訳する必要があります。