広告宣伝費【勘定科目・仕訳例・交際費との違い・消費税区分】

  • 広告宣伝費とは、商品の販売促進、サービスの顧客獲得、会社の認知拡大などを目的とした費用を指す。
  • 広告宣伝費に含まれる内容は、広告制作費、媒体費、粗品や試供品等の製作費、キャンペーン費用、代理店に支払う手数料等。
  • 不特定多数の一般消費者向けの費用が広告宣伝費であり、得意先や営業先など特定の対象向けの出費は交際費となる。

広告宣伝費の具体例

広告宣伝費に該当する具体例の一部を以下にまとめました。この他にも名刺や年賀状なども広告宣伝費として経費計上する場合があります。

カテゴリ広告宣伝費の具体例
広告制作費商品カタログ
パンフレット
チラシ
ポスター
看板
テレビCM制作
ラジオCM制作
新聞広告制作
雑誌広告制作
インターネット広告用バナー制作
広告媒体費用テレビCM枠の媒体費用
ラジオCM枠の媒体費用
新聞枠の料金
雑誌広告枠の料金
インターネット広告枠の料金
交通広告の掲載費用
折込チラシの折込料
ダイレクトメールの郵送料
キャンペーン費用展示会の出展料金
キャンペーン費用
粗品や試供品等制作費用粗品
試供品
見本
試作品
広告宣伝用贈与品ティッシュ
うちわ
クリアファイル
ボールペン
Tシャツ
手数料広告代理店手数料
広告制作会社手数料
イベント代行会社手数料
インターネット関連ホームページ制作
SEO対策費用
リスティング費用
アフィリエイト広告費用

広告宣伝費の仕訳例

商品のパンフレットを作成し、振込で10万円支払った。
借方金額貸方金額摘要
広告宣伝費100,000普通預金100,000パンフレット作成
求人広告を出稿して媒体費用を15万円振込で支払った。
借方金額貸方金額摘要
広告宣伝費150,000普通預金150,000求人広告作成
広告代理店の会食費用を3万円現金で支払った。
借方金額貸方金額摘要
接待交際費30,000現金30,000広告代理店との会食
特定の相手を対象とした費用は広告宣伝費ではなく接待交際費で仕訳します。

広告宣伝費と交際費の違い

ポイントは「不特定多数の一般消費者を対象としている場合は広告宣伝費、得意先や営業先など対象を絞っている場合は接待交際費」となります。

 広告宣伝費接待交際費
対象不特定多数の一般消費者が対象得意先や営業先など特定の個社、個人、集団が対象
具体例
  • 商品購入者から抽選で100名に景品を贈るキャンペーンを実施
  • webサービスの登録キャンペーンでamazonギフトカードを配布する
  • 一般の工場見学者に試食や試飲をふるまう
  • 化粧品メーカーがデパートやドラッグストアの関係者向けにパーティーを開催
  • 取引先との会食
  • 広告宣伝費の消費税区分

    原則、課税仕入れとなります。