2020年1月から青色申告特別控除が55万円に減額

青色申告をしている個人事業主には残念なお知らせです。日経新聞の記事によると「個人事業主が紙ではなく電子申告(e-Tax)した場合に青色申告特別控除額を10万円増やすと決めた」とありますが、これはつまり「紙で確定申告する人は青色申告特別控除額が55万円に減額される」ということになります。

 紙で申告した場合の青色申告特別控除額e-Taxで申告した場合の青色申告特別控除額
2019年度までの確定申告65万円65万円
2020年以降の確定申告55万円65万円

2020年1月から青色申告特別控除が55万円に減額になる背景

これは大きく2つの目的があると思います。一つ目はなかなか浸透しないe-Taxを浸透させること、と考えられます。紙とデータを比較すると、システム投資をしてデータにしまえば圧倒的な利便性と管理コストの低減が見込めます。データの集計や検索性も非常に高くなるため、過去の納税データの確認や税務調査にかかる手間=人件費も抑えることができるため、電子申告が浸透すると税務調査が増えることになるかもしれません。

もう一点は税収を増やすこと、と考えられます。理由は、電子申告(e-Tax)を広めようとしても、正直手順が煩雑ですしこちらのような有料のICカードリーダーも必要なので、青色申告特別控除が55万円に引き下げられたとしても簡単には浸透しないことが容易に想定できます。

年収850万円以上のサラリーマン・会社員も給与所得控除が引き下げられて増税になるのと同じように、個人事業主も増税する動きと考えられます。

青色申告特別控除が55万円に減額された場合の増税額の計算シミュレーション

所得300万円の個人事業主の場合
青色申告特別控除基礎控除38万円以外に所得控除がない場合とする。
 65万円控除の場合55万円控除の場合
所得税額102,000112,000
住民税額207,000217,000
国民健康保険料226,000283,000
合計535,000 612,000

なんと年間で77,000円も増税されることになります。これは手間を惜しんでもe-Taxを導入したほうがよいかもしれません。

関連記事:青色申告特別控除とは